EDGE NODE EXPRESS COMPASS

EDGE NODE EXPRESS COMPASS

EDGE NODE EXPRESSシリーズを支えるユーザーソフトウェアです。測定・評価を可視化し、現場の判断を支援するとともに、取得したデータを応用し行動な分析・検証に活用できます。


EDGE NODE EXPRESS COMPASSの特長

計測条件を簡単・シンプルに設定できます。アコースティック・エミッションの各パラメータの挙動を、見やすく表現します。

1 グラフ表示

横軸(X軸)と縦軸(Y軸)を使い、以下の4種類の要素を組み合わせてグラフ表示できます。

Amplitude 振幅
Energy エネルギー
RMS 実効値
CumEnergy 連結エネルギー

2 STATUS

EDGE NODE EXPRESSのステータス(測定中・スリープ状態)と経過時間を表示します。

3 Parameter Settings

測定条件(GAIN-増幅率、THRESHOLD-しきい値)を設定します。

EDGE NODE EXPRESS COMPASSでできること

①健全性評価に有効な、振幅、RMS、エネルギーの3つのパラメータを計測できます。
②オプションで、立ち上がり時間(⊿t)、持続時間(Duration)の評価が追加できます。
③上記パラメータのうち2種類のパラメータをグラフに同時表示できます。
④ポートの設定や接続、増幅率やしきい値の設定など、計測条件の変更が可能です。
⑤計測したデータの保存、再生が可能です。

アコースティック・エミッションの信号には測定・評価ポイントがあります

アコースティック・エミッション(AE)は、き裂の進行や摩耗、腐食、放電などによって発生する、高い周波数成分をもった弾性波が放出される現象です。例えば、き裂の進展数とAEの発生数が比例するなど、き裂や摩耗の進行状況とAEのパラメータに相関があります。このようにAEは、設備や製品など、評価対象の異常やその進行を非破壊かつリアルタイムに評価できます。

突発型のグラフ

□ 発生源:き裂進展、材料の変態など
□ 波形の形状:立ち上がりが急激
□ 発生数:き裂の進展数と相関
□ 振幅:き裂の進展距離と相関
□ エネルギー:き裂の面積を相関
□ 周波数:対象物、材料毎に特徴が異なる

連続型のグラフ

□ 発生源:摩擦・摩耗など
□ 波形の形状:連続した信号
□ RMS(実効値):摩擦力、摩耗係数と相関
□ エネルギー:摩耗の体積と相関
□ 周波数:対象物、材料毎に特徴が異なる

位置評定

複数のAEセンサと異常発生源の相対距離で、到達に時間差が発生することを捉え、計算することにより、発生位置を特定可能にします。

EDGE NODE EXPRESS COMPASSのダウンロード

ソフトウェアのダウンロードにはユーザー登録が必要です。ユーザー登録完了後、IDとパスワードをお知らせいたします。→ユーザー登録をする

“COMPASS Ver1.0.2.0” をダウンロード COMPASS Ver1.0.2.0.zip – 25 回のダウンロード – 1 MB


2017.07.16 Ver 1.0.2.0更新
付属の取扱説明書の内容を更新。
2017.05.28 Ver 1.0.1更新
Counts値が0の時は、他の測定値を0にするように修正。

PAGE TOP