ブランド

「FIRST AE」はアコースティック・エミッション技術を扱う2社統合のブランドです

FIRST AE

アコースティック・エミッション(AE)の技術で業界をリードする日本フィジカルアコースティクスと、国産のものづくりを追求する信和産業の出会いによって「FIRST AE」は生まれました。「FIRST AE」の使命は、さまざまなテクノロジーに果敢に挑戦し、有用なAE技術をより使いやすく、皆様のお役に立つ製品としてお届けすることにあります。社会生活を営み、産業を発展させるためには、インフラや生産設備、各種施設の安全性を常に確保することが必要です。コンクリートや金属等のき裂の進行、摩耗、腐食、放電などの現象をいち早く捉えて問題を予見する、国産のAE技術を「FIRST AE」に集結させています。
さまざまな現場でご利用いただけるよう小型化、無線化を実現。IoT・CPS(Cyber-Physical System)にも対応します。測定対象の材質や設備・インフラ環境にあわせて、適切なAEセンサの選択や取付治具のカスタム対応、機器を取り付けるための適切なマウンタやサービスの選択もサポートいたします。

『日本フィジカルアコースティクス』と『信和産業』について

日本フィジカルアコースティクス株式会社

日本フィジカルアコースティクスは、AEのトップメーカーとして常に世界をリードしている米Physical Acoustics Corporationグループの日本法人として1983年に設立されました。AE関連センサ、システム開発・製造・販売、フィールド試験サービスを国内に、そしてフィールド試験サービスをアジア地区に展開し、超音波探傷(UT)試験装置、渦流探傷(ET)試験装置をはじめとする、各種非破壊検査システムや検査治具も提供しています。

信和産業株式会社

信和産業は1973年に東京・世田谷で設立されました。1978年には業務拡大のため渋谷に移転。創業時は半導体・電子部品を取り扱う商社でしたが、現在は産業用電子機器やプリント基盤をはじめとする、製品開発・試作・量産・検査を一貫して行える体制を整え、調達に強い製造サービスを提供しています。
 
 

PAGE TOP